色無地は慶弔事からちょっとした外出着まで幅広く活用できる、非常に優秀な着物です。普段はあまり和服を着る機会がないという方も、一着持っておくと何かと便利な着物と言えます。そもそも色無地とはどんなものかと言うと、黒以外の一色に染められた着物のことを言います。その名の通り、柄は入っていません。ごくごくシンプルなだけに、カジュアルからフォーマルまで、合わせる帯によってさまざまな表情を演出できるのです。既婚・未婚問わず着用が可能なため、長く着られる着物でもあります。これという似合う色を見付けられれば、着る人の姿を引き立ててくれることでしょう。また、若い頃は華やかな色合いのものを纏い、齢を重ねた後は落ち着いた色合いに染め直して着続ける、ということも可能です。ここではそんな万能着物である色無地と、そのシチュエーション別の着こなしについて解説します。

色無地の格は紋と帯が左右します

色無地の格を決めるのは紋や帯でしょう。中でも紋の有無、紋有りの場合はその数が重要になります。紋無しの色無地はちょっとしたお洒落着として用いられますが、紋の付いた色無地は冠婚葬祭の幅広いシチュエーションで活用することができます。一般的な一つ紋の色無地は、お茶会や祝賀会のような場にも対応可能です。格式高いお茶会であれば三つ紋が正式となりますが、三つ紋の色無地は訪問着より格上となり、そこまでしてしまうと普段使いにするには些か窮屈です。そこまで堅苦しい場でなければ、一つ紋の色無地に袋帯を合わせた装いで充分でしょう。三つ紋は準礼装となり、五つ紋ともなると非常に格式の高い式服です。こちらは着る機会が随分限定されますので、着回しを考えるならば一つ紋の色無地をおすすめします。

地紋入りの色無地の奥深く華やかな魅力

色無地は一色染めの着物ではありますが、まったくの無地かというとそういうわけでもありません。地紋入りの色無地というものが存在します。柄がないことで地味な印象になってしまわないかと心配される方には、こちらの地紋のある色無地がおすすめです。さりげなく施された地紋は、上品でありながら豪奢な印象を残してくれます。着用シーンに合わせて相応しい文様を選べれば、存在感の向上に一役買ってくれることでしょう。地紋は慶事には吉祥文様、名物裂文様、弔事には梵字文様という決まりがありますので、そこだけは注意が必要です。流水柄、雲、有職文様など慶弔事兼用の地紋もありますので、柔軟に着回したいという方にはこちらがおすすめです。場違いにならないよう気を付けつつ、色無地でのお洒落を楽しみましょう。

多くの種類のレンタル着物を豊富に取り揃える事により、お客様がご希望される着物を、お貸出来る事がメリットです。 着物レンタル365の他者との違いについては、800点もの豊富な種類のご用意があること、また下見をしていただけるサービスがあることです。 呉服屋の着物レンタル365のターゲット層は、老若男女問わず着物の好きな方、また晴れの日を着物で過ごしたいという方です。 色無地の着物レンタル365で一生に一度の記念日を