色無地とはどういった着物を指すのかといいますと、柄が無くて黒色でもない無地の和服のことをいいます。しかし色無地の着物は決まった家紋の数を入れると、略礼装から準正装、正装といったように着物自体の格式が変わり、それによって着ていける場やシチュエーションが違ってくるという特徴があります。また家紋が入っていない場合でも略礼装や普段着にはなりますし、そこに黒色の帯を着用すれば、略式の喪服にもすることができます。また薄灰色の九寸帯の着用だと、法事にも利用ができます。このように着物に何かを施すことで、利用できるTPOが普段着から慶事までも広がっていく着物という点では、他の和装にはない利便性があります。昔ほど多くの着物を持たないライフスタイルが中心になっていますので、このように工夫次第でいく通りにも使える着物は大変重宝するものです。

色無地の着物の格式は紋の数で表します

着物の紋の数、位置や格式というのはきちんと決まっています。格式が最高である「正装の着物」を表す留袖、黒喪服、男性の黒紋付と同じように、色無地の場合にも正装を表す時には、五つ紋が付けられます。五つの紋の付いている場所も決まっていて、背中の中心、それぞれの両袖の後ろ、胸の両側の合計五つとなっています。また、その次のランクである「準礼装の着物」を表している女性の色留袖、男性の無地のお召と同じように、色無地の場合にも準礼装の時は三つ紋が付けられます。そして紋を付ける場所は、背中の中心とそれぞれの両袖の後ろの合計三つです。そして最後の「略礼装の着物」を表している、訪問着や江戸小紋などと同じような場合は、色無地にも一つだけ背中の中心に紋が付くことにとって、それぞれの着物の格式が区別されています。そして紋の位置や数は男女同じなのですが、大きさは男性の紋の方が少し大きいです。

色無地は工夫次第でセンスが光ります

以上のように、色無地は紋の数を付けるとその数によって様々なシチュエーションにも対応ができる着物なのです。正式なお茶会、祝賀会、イベントなどといった正装や準正装などの格式に合わせたふさわしい場でも、決められた数の紋をつけていればお洒落に着物を着こなせるという利便性の高さがありますので、持っていると着ていく幅も広がります。またもともとベースが無地なので、着用する帯や鞄、草履などの付帯するものの色や柄などの影響を受けやすく、付けているものを変えるだけでも、全体の雰囲気がガラリと変わって見えるので、いろいろなバリエーションが生まれますし、自分の着こなすセンスも工夫すれば光ります。このように色無地の持っている特徴を活かして上手な着こなしを目指していければ、きっと素敵な着物ライフが始まります。