黒以外の一色に染め上げられており、柄が入っていない着物のことを色無地と言います。着物の格は紋のあるなしや数により変わってきますが、1つ紋の入った色無地なら結婚披露宴を始めとしたお祝いの席やお茶会、お子さんの入園入学式、大学の卒業式の袴と合わせて、お通夜や法事など、慶弔両方の幅広いシーンに着て行くことができます。紋無しの場合はお茶やお花のお稽古着として、観劇、食事会などの際におしゃれ着としても着られます。既婚でも未婚でも関係なく着られる万能な着物ですので、1枚持っておくと重宝です。無地で柄が入っていないので地味な感じに見えてしまうのでは、と心配される方もいますが、地模様の入った生地で作られているものは、身体のラインに合わせて地模様が浮き上がり、見栄えが豪華に感じられます。

色無地にはどんな魅力があるのか

色無地の着物は無地で柄が入っていないため、さまざまなシーンでオールマイティーに使うことができる点が魅力です。合わせる帯を変えると印象も違います。色無地は、生地や染にこだわりが見られるものが多いため、好んで着る方はそのあたりが好みだと言われることも多いです。色無地の染には2種類の方法があります。1つは反物全体を染料に浸ける浸け染めと、刷毛を使って手作業で染めていく引き染めです。多くの場合は浸け染めですが、作家ものなどでは、まるでぼかしを入れたかのような微妙な色合いの違いが楽しめるような生地が用いられることもあります。着物は洋服と比べて身にまとっている面積が大きいので、色の選び方でその人の印象を左右する一面があります。自分に似合う色を選んでいくのも色無地を着る楽しみです。

染め替えができるのも色無地の魅力の1つ

色無地は結婚披露宴やパーティーなどの席上でも、お通夜や法事などにも利用できるオールマイティーな一面がありますが、さすがに1枚ですべてのシーンをこなすということは難しいです。そのため、2枚持っておけば両方のシーンで活用できますが、1枚だけしか持っていないという場合も染め替えができるという便利な面があります。それも色無地の魅力の1つと言えるでしょう。若い頃は結婚式やパーティーなど、華やかなお出かけ着として使うことが多いので、気に入った明るめの色合いのものを持っておき、年齢を重ねて飽きてきた時やもう少し落ち着いた色合いのものが欲しくなったら染め替えを依頼すれば良いのです。染め替えをする際には一度脱色をすることになります。紺や紫など、落ち着いた色を選べば色喪服として利用できます。