普段から和服を着られる方は当然知っている用語ですが、あまり和服に詳しくないと色無地言われてもどの様な着物を指すのか分からない事もあります。色無地というのは、日本における和服の中で、黒以外で柄のない無地の和服の事を指します。無地であっても家紋を入れる事で付け下げや訪問着などと同じように、礼装として着る事もできます。また家紋が入っていなくても略礼装や普段着としての着用は可能で、黒の帯をする事で略式の喪服として利用する事も可能な、TPOを選ばずに着られる便利な着物と言えます。紋付と紋無しでも用途が変わるので、そのあたりを含め勉強しておくといざという時に困りません。家紋も一つ紋から三つ紋と違いがあり、その数でもまた格などが変わってくるので同じく勉強しておくようにして下さい。

色無地の使い方は帯など小物によっても色々変えられる

先ず紋を付けない色無地ですが、こちらは気軽な装いで普段用の外出着として使用する事が出来ます。お友達とお茶をする時や、ランチやディナーならこれで十分と言えます。ただ紋を付けない色無地でも帯を袋帯にすると、略礼装となり入学式や卒業式などの場でも着用する事ができます。色無地には敢えて紋を付けないという話もあります。これは紋を付けてしまうと格が付く事になるので、気軽な街着としての利用が出来なくなるためとも言われています。色無地に一つ紋を付けると、正式な場のお茶会や祝賀会などで着用可能な略礼装となり、紋無と比べるとやはり格が上がります。お茶席での着用には一つ紋が一般的で、正式な茶会なのであれば更に格上の三つ紋が必要となります。お茶会でも気軽なものであれば一つ紋やしゃれ紋でも大丈夫です。

三つ紋の着用場所や地紋の選び方について

三つ紋を付けると付け下げや、紋の入らない訪問着より格が高くなりますが、着る場面が限られてしまい気軽には着用できなくなるので、人気なのは一つ紋の色無地となっています。ちなみに三つ紋の位置は両袖と襟下に入っているようになっています。では地紋の選び方ですが、地紋のある色無地は一般的に慶事用として着用されるので、おめでたい場合にのみ着用するのであれば吉祥文様などが良いとされています。白生地の吉祥尽文や鳳凰と唐草文様、雲と楓などの種類がありますが、その中で雲の文様は慶弔両用として利用する事ができます。他には流氷や有職文様なども慶弔両用として利用が可能です。加えて法事の場や知人の通夜、告別式などで色無地を着用するという場合は一つ紋があり、できるだけ地織の小さなものが良いです。