色無地というのは黒以外の色の無地の着物のことを指し、幅広い年代の方が着用できるのでぜひ一枚は持っていたい着物です。単色である為、一見地味であったり年配の方向けに思えるかもしれませんが、明るい色を選ぶことで若々しいイメージで着ることもできますし、単色だからこそ帯や小物遣いで落ち着いた雰囲気から可愛らしく華やかな雰囲気までそれぞれに個性を演出することが出来るのです。購入する時に選ぶポイントとしては、長く使う為にご自身に合った色をじっくりと選ぶことが一番大事なことです。また、色無地は柄が無いため帯をもっとも美しく見せることが出来ると言われますので、お手持ちの帯があれば、その帯とのコーディネートを考えてみるのも一つの手段です。また弔事の際にも着用できますので、そのような場でも利用したい場合は暗めの色を選びます。

紋付の色無地でフォーマルシーンに大活躍

色無地は様々なシーンで着用できる、非常に使い勝手が良く利用できる着物です。色無地には幾つかの種類があり、大きく分けて紋付と紋なしで分けられます。紋付には一つ紋・三つ紋・五つ紋と三種類あり、紋の数が多いと格式が上がります。その中で近年では様々な行事や式典で利用しやすい一つ紋の色無地を選ぶ方が多くおられ、主流となっています。紋付を選ぶことで略礼装となり、例えば正式なお茶会にふさわしい着物になります。他にも友人の結婚式に出席する場合やお子さんの七五三、入園入学式や卒業式などフォーマルな場で着用できます。色無地は上品でありながら華やかな雰囲気を持ち、それでいて柄が無いことで派手になりすぎません。お子さんや他の方が主役となるお祝いの場に華を添えるという立場の方に最適です。

おしゃれ着としての色無地の楽しみ方

紋付の色無地はフォーマルな場にふさわしい、いわゆる格が高い着物ですが、紋なしの色無地の場合、紋付よりも気軽に着用でき、粋なおしゃれ着として楽しむことが出来ます。お花などのお稽古に着て出かけられる方もおられますし、また、友人とのお食事会や観劇など、他には同窓会などにも活用できます。このような、いつもよりおしゃれをしたい場へ色無地の着物を着て出かけられたらとても女性らしく素敵に見えることでしょう。たくさん着る機会があっても帯や小物の合わせ方次第で色々な組み合わせを楽しむことが出来るのもポイントです。このように、色無地は一つ紋を選べば正式な場で着用できますし、紋なしで気軽にお出かけ時の和装をおしゃれに楽しむことができるのです。気軽に和服スタイルを楽しんでみてください。